車検は車の健康診断👂予防と早期発見が安全への近道

こんにちは。いつもご利用いただきありがとうございます。

日進自動車の整備士、岩原剛です。

 皆様は毎年きちんと健康診断を受けていらっしゃいますか?定期的な健康診断で病気を予防できますし、もしも病気が見つかったとしても、早期発見の可能性が高くなり、早い段階で治療が開始できれば、治るまでの期間も短く、治療費も安く済みますよね。

 これは車も一緒。乗用車の場合、車検は、新車は3年後、以降は2年毎に受けることが法律で義務化され、半年ごとの定期点検が推奨されていますが、これは車にとっても皆様の安全にとっても理に適っているのです。事実、2020年に起きた交通事故発生件数は30万9000件ですが、そのうち整備不良による交通事故はわずか250件(0.0008%)。世界的に見ても日本における整備不良による交通事故件数は非常に低く、車検の法律化が功を奏しているとも言えます。

 そうは言っても車検って面倒だし、何しろ高い!何を点検、交換しているの?という方もいらっしゃるはず。例えば、車検や定期点検でよく指摘される【ブレーキパッドの交換】。「すり減ってるから交換したほうが良い」と言われても、「一応ブレーキは利いているのに換えないといけないのかぁ…⤵」という方も多く、よく質問をいただきます。

 でも、もしもブレーキが利かなくなったら…😨😨大事故につながりますよね。

 ブレーキパッドは厚さ10mmあれば安全、5mmで注意となります。2mm以下になると、ブレーキローターが破損したり、突然ブレーキが利かなくなることもあります。

タイヤを外すと現れるブレーキローター 左は不良/右は良好
ブレーキパッド2枚がローターを挟み込みブレーキが利く

 ブレーキパッドの交換だけであれば、工賃を含めても1万~2万円程度の出費で済みますが、ブレーキパッドの交換を先延ばしにした結果、ローターごと交換となると、ローター部分だけで3倍以上の費用にもなります。更にブレーキパッドの交換代や、その他の部品交換代も上乗せされることを考えると、定期的に細かなメンテナンスをしていた方が費用的にもずっと安く済むのです。

 より多くのお客様に、もっと頻繁に、もっとお得にマイカーの点検をしていただきたく、今年も日進自動車では8月1日から10月31日までの3か月間、【マイカー点検キャンペーン】を開催いたします。車検はまだ先、という方もこれを機にお気軽に車のメンテナンスをしていただけたら嬉しいです😊   

キャンペーンの詳細はこちら⇒https://nissin-jidosya.com/news/2193/

車検WEB予約キャンペーン!

お気軽にお問い合わせください。0120-21-5614受付時間 8:30~18:30 [ 日・祝日除く ]
※第二土曜定休

お問い合わせ お気軽にご相談ください。

Follow me!